ショッピングセンターヒットグラフィットジッピーウォレットヴェルティカルどっちがいい_ヴィトンダミエグラフィットジッピーウォレット グラフィットジッピーウォレットヴェルティカル棚浚え全て,グラフィットジッピーウォレットヴェルティカル旗艦店 MOTOCICLETE


2015-01-24 14:35    グラフィットジッピーウォレットヴェルティカル
「ただのおもちゃだから、かわいそうなんでしょ」  それだけいうと、壊れたおもちゃの頭をさすりながら静は部屋を出ていってしまった。残された総一は姉の言葉を反芻《はんすう》するが、その意味はわからない。わからないから不安だった。おもちゃなら分解できるが、姉は分解できない。そう思ったとき、かれのチェス盤のような世界が少しほころびはじめた。  ——もしかして、お姉ちゃんがいいたいのはこういうことだったの?  それを姉に問いただそうとかれが立ちあがったとき、表で大きなブレーキの音となにかがぶつかる大きな音がした。  かれの世界が崩壊する音だった。 「ねえ、お姉ちゃんは死んじゃうの?」  総一は、病院の集中治療室の前で父親にたずねた。姉が社宅の前で交通事故にあったのである。 「そんなわけないじゃないか」  と答える父親の声には、自信なさげな響きがある。このとき、総一は生まれてはじめて死というものを意識した。母親と大学に出かけるとき、総一は子ども部屋をかならずのぞく。そこには静の勉強机だけがあり、学校にいっている姉の姿はない。もし姉が死んだら、あの光景が毎日になる。二段ベッドの下から聞こえてくる寝返りの音もなくなる。ふとこぼれる笑みも、リコーダーのへたな練習の音も、なにもかもがなくなる。残るのは喪失感だけだ。  お姉さんはこれをはなさなかったよ、と警官にわたされた、青い鳥のおもちゃを総一は握りしめる。それは、かれに分解され、さらに車に轢かれて、二度ともとには戻らない。チェス盤のように完全だったはずの世界も、壊れて二度ともとには戻らない。  かれはこの悲劇が自分という怪物のような存在のせいだとわかっていた。もし、自分がふつうの人間だったら、こんなことはおこらなかったに違いない。 「ただのおもちゃだから、かわいそうなんでしょ」  その言葉が重くのしかかってくる。死という、かれにはどうしようもないものが存在するのだということが痛いほどわかった。そして、姉が懸命につたえようとした言葉の意味も。  幸い静は一命をとりとめた。面会が許されたとき、総一にできたことはひたすら「ごめんなさい」をくりかえすだけだった。姉はなにもいわず、弟の頭をやさしくなでるだけだった。  静の退院とほぼ同時に、総一の聡明さがなくなっていった。両親はうろたえ、大学の教授たちは姉の事故が精神的なショックをもたらしたとか、天才性は一時的なもので衰退はいたしかたがないとか、いろいろと推論をたてた。とにかく、総一はどんどんふつうの男の子になっていった。そして、三ヶ月もたったころには、かれが天才だったとはだれも思わないほど、ごくふつうの子どもになっていた。ただひとつ違うのは、泣かないということだった。かれは天才性とともに涙をなくしたように見えた。  それが総一のだした結論だった。ふつうの子どものふりをしたのだ。それは教授たちも見ぬけないほどの演技だった。  実際、ときおり両親がかれの顔を見ては嘆息することはあっても、少しずつ八雲家はふつうの家庭に戻っていった。ただ、静がほんの少しではあるが、足をひきずるようになったことをのぞいては。