ヴィトン カードケース公式サイト_louis vuitton iphone_ヴィトン カードケースどんな商標,ヴィトン カードケースどんな商標 MOTOCICLETE


2015-01-24 13:47    ヴィトン カードケース
   第二章 水の都      1  幾艘《いくそう》もの小舟が、運河を進んでいた。  どの舟にも、黒い喪服をつけた老若男女が乗っている。誰もが悲痛そうな顔をし、そばにいる者と時おり交わす声も小さい。  先頭をゆく舟には、黒い棺《ひつぎ》が据えられている。棺の横に立つのは、黒いヴェールで顔を隠した女だ。白く細い手にはレースのハンカチを握りしめ、時々思いだしたかのようにその手をヴェールの内側に差し入れ、涙をぬぐっている。  街中を縦横にめぐらせた運河が交差しあう場所にさしかかるたび、小舟の数は増えていった。これら舟の目的地は、川の中州を埋め立ててつくられた「死者の島」だった。 「おい、あれはピアズ・ダイクンじゃないか?」  最後の合流点で一隻の舟が近づいてくると、それまで神妙にしていた人々の間でざわめきがおこった。  人々の視線の先には、四十をすこし過ぎた男の姿があった。皆と同じく黒い喪服を着てはいるものの、顔には黒い革に金糸銀糸の刺繍《ししゅう》をほどこした眼帯をつけている。筋肉がもりあがった肩の線といい、その眼帯といい、人々の中にあってあきらかに異体だった。 「ああ、そうだ。あんな派手な眼帯をしてるやつは、他にはいないだろうさ」 「しかし、よくまぁ出てきたもんだな」 「ゴッツィのやつ、棺の中から起きあがって怒鳴りだすんじゃないか?」 「かもな。最後までピアズへの恨みごとをまくしたててたって話だからな」